キッチンリフォームで気分一新

  • 使いやすいキッチンリフォーム

    • キッチンリフォームをする際に大切なのは「家事導線を妨げない空間になるようお願いする」という事です。



      「毎日使う場所なので妥協はしたくなかったけど、予算の関係で泣く泣く諦めた」というケースもありますが、その妥協が不便で使いづらい事態を招いてしまいます。



      自分の希望をすべて使え、予算内で出来るかどうかを考えていただくようにします。



      最初から膨大な費用を要求しそうな雰囲気がある場合は避けた方が賢明です。



      システムキッチンはそのご家庭のニーズに合うように作り変えると、既存の物を使えるケースは意外と多いので、「使えるものは極力工夫を凝らして使う」という点に徹底した会社を選ぶと、それだけでも総工事費が数万円〜数十万違ってくるケースもあります。特に家が狭い場合などは「キッチンを通ってお風呂に行かなければならない」などというケースもありますが、その時も料理の手を止める事なく、しかもお互いのプライバシーが守られるように脱衣所などをきちんと確保しなければなりません。



      キッチンリフォームの際に大切なのは「どの位置にシステムキッチンを設置するか」です。



      限られたスペースを広く取りたい場合は壁に向かって調理をし、コーナーも有効活用するのが理想的ですが、家族やお客様の様子を見ながら調理したい場合や、複数の人で料理する場合は対面式が有効です。



      さらに勝手口を設置してくれたり、ゴミ出しの工夫も考えて頂けるとありがたいので、キッチンリフォームの際に相談してみると良いです。



  • 関連リンク

    • 今では一昔前と比べるとキッチンに対する考え方もずいぶん変わってきていますが、一戸建ての住宅を建設するときに、キッチンは北向きのあまり日差しの入らない部屋につくるケースが少なくありません。中にはリビングからダイニング、キッチンに続く細長いスペースを南側に配置したり、あえて日当たりのよい2階部分にダイニングキッチンを配置するといった大胆な設計の家も出てきていますが、多くの住宅はキッチンの位置は家の中では割合暗い位置にあるものです。...

    • キッチンリフォームをする際に大切なのは「家事導線を妨げない空間になるようお願いする」という事です。「毎日使う場所なので妥協はしたくなかったけど、予算の関係で泣く泣く諦めた」というケースもありますが、その妥協が不便で使いづらい事態を招いてしまいます。...