キッチンリフォームで気分一新

  • 収納にこだわるキッチンリフォーム

    • スーパーで特売になっているとまとめ買いをして、それがキッチンのあちこちに溢れるというケースはよくあります。



      さらに収納棚に置いておくとパッケージが油でべたべたになる事もありますが、そんなご家庭におすすめなのが床下収納です、スライド式にする事で簡単に動かせて、しかも大容量のストック保管場所になります。

      床下を確保できるかどうかは物件によって違いがありますので、キッチンリフォームの際に業者さんにお尋ねしてみます。



      床下を収納庫にする場合には十分な湿気対策が必要です。

      いったん解体してから作り直す場合は調湿シートなどで十分な対策が出来ますが、キッチンのみを手直しする際には不可能な場合もあります。



      またレンジフードも掃除がしやすく、使いやすい物に変えて頂くと安心です。



      古い物件の場合は役に立たない場所についている場合もありますが、ガスの真下に来るようセットするのがベストなので、そういう細かい事もキッチンリフォーム業者にお願いしてみると良いです。



      キッチンリフォーム業者は限られたスペースを有効活用してデッドスペースを作らないよう様々な工夫をしています。



      物がごちゃごちゃしないようにするためには「いくら安くても必要以上に買いすぎない」という事が重要なポイントです。



      保存の効くものはついストックを多く持ってしまいますが、ほどほどにしてスッキリと生活したいものです。



      ストックの数をきちんと把握しておくと二重買いを防ぐことが出来ます。

  • 関連リンク

    • キッチンリフォームをする際に大切なのは「家事導線を妨げない空間になるようお願いする」という事です。「毎日使う場所なので妥協はしたくなかったけど、予算の関係で泣く泣く諦めた」というケースもありますが、その妥協が不便で使いづらい事態を招いてしまいます。...

    • 今では一昔前と比べるとキッチンに対する考え方もずいぶん変わってきていますが、一戸建ての住宅を建設するときに、キッチンは北向きのあまり日差しの入らない部屋につくるケースが少なくありません。中にはリビングからダイニング、キッチンに続く細長いスペースを南側に配置したり、あえて日当たりのよい2階部分にダイニングキッチンを配置するといった大胆な設計の家も出てきていますが、多くの住宅はキッチンの位置は家の中では割合暗い位置にあるものです。...